モリキズナの家

Posted on 2017-11-24
建築作品コンテスト「ミーレのある住まい」 一次審査通過

2月に竣工いたしました「モリキズナの家」が、2017年建築作品コンテスト・ベスト・オブ「ミーレのある住まい」の一次審査を通過いたしました。一次審査を通過した作品は、全国から応募された中から30作品ですので、これだけでもかなり光栄で嬉しいです。

11月23日〜12月3日まで、以下の場所で作品展示しておりますので、もしお近くまでおいでになりましたら、是非立ち寄ってみてください。

【東京】:ミーレ・センター表参道
【横浜】:ASJ YOKOHAMA CELL
https://contents.miele.co.jp/event/upcoming/event/464-

なお、最終審査は、一般投票により決まりますので、上記会場に行かれて投票されるか、houzzというサイト(以下アドレス)から投票できますので、是非、お気に入りの作品に投票いただければと思います。
https://www.houzz.jp/ideabooks/97355388/thumbs

 

 

 

 

 

Posted on 2017-08-25
軽井沢の建築家の日々-homify特集記事

ドイツのカテゴリー特化型メディア”homify”で弊社設計の2棟について特集記事を組んでいただけました。

まずは、軽井沢緑の景観賞を受賞した「森に集う家」です。
homifyリンク ⇒ 森の中に静かに佇む軽井沢の別荘

竣工から3年近く経過し、先日、訪れましたが庭の木々も育ち、周辺環境に馴染んできている姿が印象が良かったです。内部は、天井の高さの高いところと低いところがあり、低いところは落ち着いてすごせる心理的な感じがあります。照明は、少なめなことが効果的で作用し、ここでゆったり長時間過ごしたいと思える別荘として時間を味わえる居心地よい居場所をつくりだせているっと自分で感じました。壁の素材もざらっとした壁、平滑な壁、濃い色の壁など多種な素材が空間を引き立てており、経年とともに竣工当時より良い雰囲気となっている印象でした。設計者としては、嬉しいひと時となりました。アクセス数も多いとのことで、皆さんに見ていただけるということは嬉しいですが、反面、身が引き締まる思いです。

次に先日竣工した「モリキズナの家」です。
homifyリンク ⇒ บ้านเล็กในป่าใหญ่-อบอุ่นท่ามกลางธรรมชาติ(タイ語です)

竣工してからわずか半年ですが、タイ語で特集を組んでいただきました。まだまだ経年変化がこれから起きて、より良くなっていくと期待していますが、すでにこうやって特集記事を組んでいただけることは大変うれしいです。

この一カ月で、2棟の特集記事を組んでいただき、本当に嬉しく思います。
また特集記事で掲載していただけるように1つ1つ大切に取り組みながら、今までの変わらない自分という存在で、今まで以上に努力して、より良い建築を軽井沢を中心に実現していこうと思います。
頑張らないといけませんね。

 

Posted on 2017-03-30
家具の搬入-モリキズナの家-

いつもお世話になっている上田市の株式会社塩田家具センター様のダイニングテーブルが本日搬入されました。美しい佇まいで、空間の中に違和感なく、置かれている姿が、以前からここにあったような雰囲気さえあります。建て主様が用意されていたYチェアとの相性や、照明器具との相性もよく、しばらく眺めてしまいました。
家具は、高い買い物ではありますが、良い家具は一生涯使えます。安い家具を何年に一回買い替えることと、愛着を持って生涯使い続けられること。時間軸を考えると多少高くても良い家具を買って思い出とともに、使い続け、さらに、子世帯に引き継いでいければ良いと思っています。また、こういった良い家具は、アフター対応もしっかりしておりますので安心です。建築設計と家具選定は、照明計画にも関わりますので、設計段階で、一緒に考える必要があります。そうすることで、良い空間になります。是非、家具選定についても設計と共にお手伝いさせていただければと日々思っています。

 

Posted on 2017-03-07
竣工-モリキズナの家-

先日の内覧会では、多くの方にいらしていただきありがとうございました。
モリキズナの家は、工事を終え、早いもので1カ月経過しようとしています。
外気は、冬の寒さから春の陽気になっており、徐々に家も馴染み始めている感じがします。春になりましたら、植樹や外構工事を行い、そして竣工写真を撮影しようと思いますが、まずは、工事を終えた状況での記録として、弊社で撮影した写真を掲載いたします。

 

 

Posted on 2017-01-27
追い込みです-モリキズナの家-

現場はすでにほとんどの工事が終えています。週明けには、建築基準法の完了検査、清掃を行い、週末には内覧会に入ります。

キッチンは、建具屋さんの手作りです。ワークトップがSUSで、ミーレの食洗機、グローエの水栓という贅沢な仕様です。綺麗です。ちょっとした棚は、大工さんと建具屋さんによるもので、天板は、材木屋さんに眠っていた?木を上手く加工しています。こういった家具は、設計者だけでなく、大工さん、建具屋さんなど関わっている人で、協力して、意見を出し合いながら、いいものを予算内で、いかにいいものを作るか、悩みながら、柔軟に対応してつくってています。こういうことができるのは、設計者と工務店がコラボしているからのメリットです。

さて、先日、現場では、氷点下15.5℃になりました。洗面所脇の北側に最高最低温度計を設置していますが、外気氷点下15.5℃でも、無暖房で人が住んでいないのに、室内はプラス2.1℃。本当に凍結しない家となっています・・・さすがに氷点下20℃は厳しいかもしれませんが驚きの実績値です。

内覧会は、いよいよ、来週週末です。ご興味のある方は、是非、ご連絡いただければと思います。
連絡先:info@life-arc.com

 

Posted on 2017-01-12
内覧会のお知らせ

昨年より工事をしておりました「モリキズナの家」が1月末に竣工いたします。
建て主様ご厚意により、完成したばかりの家の内覧会を開催させていただくことになりました。

日時は、2月4日(土曜日)、5日(日曜日)の二日間 10時~16時 を予定しています。

一年で一番寒くなる時期、軽井沢では、最高気温も氷点下になる厳しい状況で、新住協仕様の燃費半分の家/Q1住宅の室内がどのようになっているのか、体感することができます。軽井沢で別荘や住宅の計画予定の方、冬の軽井沢も快適にすごす家を計画の方、是非この機会に体験していただければと思います。

なお、見学会は、完全予約制とさせていただきます。ご興味のある方は、ご連絡いただければ、詳しい場所などお知らせいたしますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

Posted on 2017-01-10
洗面台-モリキズナの家-

年明け早々、洗面所が設置されています。大工さん作成による洗面台です。
細かい部分まで綺麗に製作されています。完成が楽しみです。

軽井沢は、一昨日の夜から雪が降り、20cm昨日程度の積雪がありました。雪景色の中で建物が佇む風景も綺麗です。

年末から外気温と内部気温の測定を工務店さんの方でされておるので、私の方でも観察していますが、今までのデータでは、外部が-10℃程度になっても、日中の太陽光のよる採暖で室内は、一度もマイナス気温になっていないようです。まだ暖房設備が入っていませんので・・・
もしかしたら、この家は、水抜きせず暖房にも頼ることなく、冬を越せる仕様なのかもしれません。これはなかなかいいデータです。

※温度計:上部が外気温、下部が室内気温

rimg1936 rimg1937
rimg1938 rimg1916

 

 

Posted on 2016-12-22
建具工事-モリキズナの家-

壁の左官工事も終え、いよいよ建具設置工事も始まっています。
室内に建具が入ると、空気の動きが変わったように感じます。今までは、部屋同士の関係が
曖昧なせいか、どこか落ち着きませんでしたが、建具が入った後は、各部屋がテリトリーを
主張しているように感じ、部屋ごとに落ち着く場所が出てきているように思いました。
とはいえ、基本的には、引き戸で部屋を仕切っていますので、この両者の関係性のバランスを
住みながら操作できるようにもなっています。

薪スト―ブの土台(大谷石)やトイレの壁タイルの施工も進んでおり、完成が待ち遠しくなっています。
外部では、足場もはずれて、見え隠れしていた表情もはっきりと見えるようになりました。

rimg1905 rimg1902
rimg1906 rimg1903
rimg1907 rimg1899

 

Posted on 2016-11-25
塗装工事-モリキズナの家-

昨日は11月というのに大雪が降りました。私が軽井沢に来てから初めての経験でした。
毎年正月くらいが初大雪でした。これも地球環境に変化が出ているせいでしょうか。

さて、「モリキズナの家」では、左官工事の下塗り(パテ処理)も終え、塗装工事が進めら
ております。外部は屋根の裏側を一部残して概ね終え、内部の枠廻り、天井などを進めて
います。木は木らしく存在させながら、それでも、空間に雑音のように存在するようであれば
線を消して存在させるなど、珪藻土やタイル、ブラインド設置がされた事を思い浮かべながら
1箇所1箇所確認して、打合せを行いました。

窓から見る雪景色を見ながら、窓越しに見る植樹の木の種類や大きさなども考えました。
すでに春の植樹が楽しみでなりません。

rimg1728 rimg1733
rimg1730 rimg1731

 

Posted on 2016-11-09
天井工事-モリキズナの家-

天井板張りが概ね終えていました。細かい部分の工事も進み、各室の空間の大きさを
実感できるようになってきました。現場で一つ一つ確認し、次の工程を考えながら、図面
では表せきれていない箇所を現場で打合せしていきます。

rimg1564
rimg1565

 

1 / 3123