森に集う家(Villa-N)

Posted on 2017-08-25
軽井沢の建築家の日々-homify特集記事

ドイツのカテゴリー特化型メディア”homify”で弊社設計の2棟について特集記事を組んでいただけました。

まずは、軽井沢緑の景観賞を受賞した「森に集う家」です。
homifyリンク ⇒ 森の中に静かに佇む軽井沢の別荘

竣工から3年近く経過し、先日、訪れましたが庭の木々も育ち、周辺環境に馴染んできている姿が印象が良かったです。内部は、天井の高さの高いところと低いところがあり、低いところは落ち着いてすごせる心理的な感じがあります。照明は、少なめなことが効果的で作用し、ここでゆったり長時間過ごしたいと思える別荘として時間を味わえる居心地よい居場所をつくりだせているっと自分で感じました。壁の素材もざらっとした壁、平滑な壁、濃い色の壁など多種な素材が空間を引き立てており、経年とともに竣工当時より良い雰囲気となっている印象でした。設計者としては、嬉しいひと時となりました。アクセス数も多いとのことで、皆さんに見ていただけるということは嬉しいですが、反面、身が引き締まる思いです。

次に先日竣工した「モリキズナの家」です。
homifyリンク ⇒ บ้านเล็กในป่าใหญ่-อบอุ่นท่ามกลางธรรมชาติ(タイ語です)

竣工してからわずか半年ですが、タイ語で特集を組んでいただきました。まだまだ経年変化がこれから起きて、より良くなっていくと期待していますが、すでにこうやって特集記事を組んでいただけることは大変うれしいです。

この一カ月で、2棟の特集記事を組んでいただき、本当に嬉しく思います。
また特集記事で掲載していただけるように1つ1つ大切に取り組みながら、今までの変わらない自分という存在で、今まで以上に努力して、より良い建築を軽井沢を中心に実現していこうと思います。
頑張らないといけませんね。

 

Posted on 2016-02-15
「第8回軽井沢緑の景観賞」優秀賞

「第8回軽井沢緑の景観賞」において、弊社設計の”森に集う家(Villa-N)”が、優秀賞の
選定いただきました。2月10日発売の軽井沢新聞社様の軽井沢新聞第一面にて、記事が
掲載されておりますので、よろしければご覧ください。
※軽井沢新聞は、駅やスーパーやお店など、軽井沢や御代田町などで配布されております。

DSC00198

 

 

 

 

 

 

Posted on 2014-12-02
照明設置完了 – Villa-N

照明器具も取り付け終わり、室内の雰囲気が見えてきました。
照明計画は図面の中で想像しながら配置、高さを、光の方向性、拡散性、あるいは、LEDと
蛍光灯の選定バランスを検討して、決めてますが、点灯するまでは、本当にどきどきします。
本日、照明器具メーカーさんにも第三者目線で見ていただき、私としても、イメージどおりで、
一安心です。

いよいよ竣工の日が近づいてきました。

DSC_5905

 

 

 

 

 

 

Posted on 2014-11-11
仕上げ工事2 – Villa-N

仕上げ最終工程に入りました。
左官職人さん、塗装職人さんが一斉に作業に入り内観が引き締まってきました。

あと少しで全景が見えてきます。来月の検査~引渡しに向けて、設備機器や電気器具
の設置準備も進めています。

CIMG0718 CIMG0730

 

 

Posted on 2014-10-29
仕上げ工事 – Villa-N

外部足場も撤去され、内部では、仕上げ工事が進められています。
壁は塗装漆喰、窓枠塗装など行われ、内部の表情がガラッと変わってきました。
内部足場ももうすぐで、撤去ですので、さらに内観の雰囲気が近い時期に確認
できると思います。楽しみです。

CIMG0659

 

 

 

 

 

 

 

Posted on 2014-10-17
木工事2 – Villa-N

外壁の仕上げ工事も進み、内部では仕上下地や一部、仕上げ工事も進められています。
空も青く澄んで綺麗な日ですね。紅葉も少しづつ進んでいます。

左下の写真は、浴室内から脱衣室を見た窓と仕上げのヒノキ板です。すごく綺麗です。
右下の写真ある部分の引き戸枠ですが、この細さ、あまり見たことないですよね?
ここに建具が入るのが楽しみです。ちなみに、ガラス板ではありません。

CIMG0484 CIMG0474
CIMG0480 CIMG0483

 

Posted on 2014-10-05
木工事 – Villa-N

床の断熱工事も終え、内部の造作工事、壁断熱の準備が進められ、併せて、屋根工事や塗装工事
も進み、いよいよ建物の外観が見えてきました。

左下の木の写真は、上り框で使用する”クリなぐり仕上げ”です。綺麗です。
昨今、職人の技が生きる機会が減り、残念ながら素晴らしい技術をもった職人が減ってきている
ことを私は社会問題として位置づけています。設計という仕事を通じて、後世に技術を継承する
ことに、微力ながら貢献できればと思い、職人の技術が生かされる部位を取り入れています。

全景 軒天
上り框 階段

 

Posted on 2014-09-27
断熱工事2 – Villa-N

床の断熱工事も終え、一部、床の仕上げ材も施工されました。パイン無垢材の30mmです。
その間に、左官外壁(塗り壁)の下地板、板外壁の仕上材などの外回りの工事も進めれております。
軽井沢は、すでに一桁前半の気温の日もありますので、寒くなる前に左官工事を進めていきます。

内部 断熱
床 外壁

 

 

Posted on 2014-09-23
断熱工事 – Villa-N

床組工事も終え、床の断熱工事が進められています。
この建物では、ゼットテクニカ様のセルローズファイバーという断熱材を採用しています。

専用シートに囲まれた中にセルローズファイバーが吹き込まれます。そのため、後から断熱材に
穴をあけると、そこから吹き出すため、穴をあけられません。

先週末まで、キッチンの位置、暖房機器の位置など、配管、配線にからむ打合せを念入りに
進めておきましたので、この工事段階では、電気配線、設備配管の床貫通部や壁貫通部の
工事も終えています。

また、屋根の板金工事も進んでおり、綺麗な屋根面を確認できました。

断熱1 断熱2
屋根 外観

 

Posted on 2014-09-17
第三者検査機関検査 – Villa-N

本日、第三者検査機関による住宅瑕疵保険の躯体検査が行われました。
柱、土台、金物など構造的なことや、劣化や防水の件まで細かくチェックしていただき
最終的に、特に問題なく”適合”と判断いただき一安心です。

私自身も住宅瑕疵保険の検査員をしており、事前に何度も確認してはいましたが、それでも
緊張するものです。改めて第三者に公平な目でチェックしていだく大切さを実感しました。

写真は、吹き抜け小屋組の状況、垂木間通気の換気材、屋根の防水の状況、母屋の状況です。

小屋組 換気材
屋根防水 妻面

 

1 / 212