食堂takizawa

Posted on 2014-05-05
内装工事とスリット- 食癒の家

お引渡しを前にほとんどの工事が終えています。写真は、1階のスリットです。

漆喰で仕上げた窓のスリットは、角度によってはこのような美しい光の抽象的な顔が現れます。
この角度から少し先に歩いて進むと、外部の植栽が段々見えてきて、また違う表情を出します。

竣工まであと少しです。

壁スリット

 

 

 

 

 

 

Posted on 2014-04-08
外壁工事2- 食癒の家

2階部分の板壁の外壁は、概ね貼り終えました。
1階部分の左官の外壁は下地工程が終わり、仕上げ工程待ちとなります。

ここまでくると建物らしさが出てきますね。早く足場を外し全体を見たいところですが
もう少し先です。

板壁
左官下地2

 

Posted on 2014-03-31
外壁工事- 食癒の家

内部の大工工事はほとんど終え、大工さんは現在外回りの作業をしています。

外部の下半分は、漆喰仕上げですので、左官下地がされており、上半分、板壁です。
玄関の天井も板材が貼られ、雰囲気が出てきました。

内部は、残りの大工工事と、左官工事、設備工事、電気工事と進んでいき、完成に向けて
着々と進んでいます。

左官下地 玄関天井

 

Posted on 2014-03-17
寝室とバルコニー- 食癒の家

室内のほとんどの仕上げが漆喰のため、ベッドが壁に当たる部分をシナ合板の仕上げとしました。
割付けも、窓のラインに合わせることで、違和感のない感じとしました。綺麗ですね。

また、2階のバルコニーのFRP防水も終わり、外壁の仕上げ待ちです。

2階の工事は仕上げ工事待ちとなり、1階では着々と壁下地のボード施工が進められています。

2階寝室 バルコニー

 

Posted on 2014-02-26
2階の工事状況- 食癒の家

2階の工事は着々と進んでいます。

2階は、寝室がメインのため、ゆったり憩えるよう、床材は、パイン材の無垢フローリングを
選定しました。肌触りがやわらかく、非常に優しい感じです。素足で歩いても気持ち良いです。

壁、天井の下地であるプラスターボードの工事も概ね終え、室内の形がよくわかるような
状況になりました。右側の写真では、造付けの集成材デスクも取り付けも終了しました。
しっかり壁の中で固定しましたので、かなり丈夫です。

この後の2階は、製作建具、造付家具、巾木、設備、電気、左官仕上げなど細かい工程に入って
いきます。併せて、1階も急ピッチで進められています。

2階床 2階デスク

 

 

 

Posted on 2014-02-07
床仕上げ、設備工事- 食癒の家

いよいよ1階の床の仕上げ工事が始まりました。

綺麗な無垢の3cm厚さ杉フローリングです。触った感じの良さは本当に良いものが
あります。また、長い年月を経て、傷や汚れを付きますが、それは材料の経年劣化
による味わいとして、楽しめる部材だと思います。もちろん、無垢材なので、表面
を削れば、綺麗にはなります。

また、設備工事も着々を進んでいます。2階水回りへの配管など、1階のパイプ
スペースから立ち上げ、天井裏を使って配管しています。

床 配管

 

Posted on 2014-01-28
断熱工事- 食癒の家

2階の断熱工事が概ね終えました。

断熱材は、高性能グラスウールの防湿フィルム付です。この材料は、室内から
の湿気侵入対策においては、工場でパッケージされてくるので安心です。
施工上、どうしてもこのフィルムを切る必要がある、窓枠や梁、筋交い部分、
あるいは、断熱材相互の重ね部分で隙間が生じやすいので、チェックし、湿気が
侵入しそうな部分は、専用のテープなどで補強していきます。

施工された後、さすがに室内の作業環境(温度)が良くなってきました。

断熱

 

 

 

 

 

Posted on 2014-01-15
窓が付きました- 食癒の家

窓の設置位置、高さを年明け早々に現地で確認、打合せしましたので、概ね窓の設置工事が
進められております。室内からの風景、光の入り方を確認できます。

外部においては、窓周り、外壁の防湿シートの重ね幅、屋根と外壁との取り合い等の
防水についても確認しました。耐力壁(筋交い)や金物も設置が進んでおり、もう時期
第三者機関による、瑕疵保険の躯体検査の時期となります。

食癒の家-窓 食癒の家-窓2

 

Posted on 2013-12-24
上棟しました- 食癒の家

「食癒の家」無事に上棟いたしました。

台形の敷地形状の中で、ゆとりの空間と道路から見た景観などを設計段階から
試行錯誤した形状だけに、気が気でない気持ちが ありました。

北東からの雰囲気、南東からの雰囲気、西側の雰囲気、想像どおりに立ち上がり
景観にも合っているので、ほっと一安心です。

すでに、屋根の防水工事も進み、年末年始の休みを前に、できる工事を進めます。

棟上げ風景 南東

 

Posted on 2013-12-03
基礎工事 -食癒の家

「食癒の家」の基礎工事が終わりました。
土の埋め戻しも終わり、地盤のとの関係、建物の大きさ、1階の
間取り、借景などがよくわかります。

こちらは、先日のブログで紹介させていただいたとおり、一部床が低い
箇所もあるので、メンテナンス性を考慮し、床下空間の高さを大きく
とってあります。

いよいよ、上棟に向けてカウントダウンです。
木材の加工で、少々、機械加工できない、手作業の部分が多いため、
長めの準備期間が必要ですが、年内には、棟上げの予定です。

食癒の家-基礎

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212