軽井沢・時の家

Posted on 2013-12-02
工事完了-軽井沢・時の家

「軽井沢・時の家」が工事を完了しました。

完了写真は、別ページで紹介させていただきましたので
下記をクリックいただき、そちらをご覧ください。
⇒  「軽井沢・時の家」

 

Posted on 2013-11-08
塗装の経過 - 軽井沢・時の家

床材を今回貼ったこともあり、窓枠や扉、あるいは、見せ梁など
塗装し、全体のバランスを整えました。(まだ途中の写真です)

自然の色合いを出すため、また将来的な塗装劣化を防ぐために、
一度、表面を削ってから、塗装しています。

次は、左官工事となります。塗り方、色も打合せを終えたので
いよいよ最終工程です。

時の家-塗装

 

 

 

 

 

 

Posted on 2013-10-22
仕上げ前の確認作業 - 軽井沢・時の家

大工工事も概ね終わりました。雰囲気が見えてきましね。
あとは、塗装工事、左官工事を待つ状態です。

この段階、仕上げをする前に、念入りにチェックし、細かい手直しや
追加の作業をお願いします。仕上げをやってからでは、後戻りは大変
ですので、この段階でのチェック作業は重要です。

時の家 1 時の家 2

 

Posted on 2013-10-16
構造補強 - 軽井沢・時の家

改修建築では、構造が現在の基準を下回ることが多いにあります。

そこで、できる限り、壁を解体した時に、構造壁を設置することを
私の改修計画では行います。
全体のバランスを崩さないように、また、既存の状況に応じ、臨機応変に
構造壁を設置していきます。

写真の左側は、筋交い、右側は合板による耐力壁です。

筋交いは、一目でわかりますが、合板の場合は、釘の種類と釘ピッチが重要
ですので、実は、一見では構造壁かどうかしっかり見ないと判断できません。
ここは監理者として、注意が必要です。なお、筋交いは、接合金物が重要です。

筋交い耐力壁 合板耐力壁

 

Posted on 2013-10-05
改修プロジェクトのお知らせ -M様の家 –

改修(リフォーム)の新規プロジェクトのお知らせです。

建物は、長野県軽井沢町にあります。
旧軽井沢銀座にも近く、軽井沢の歴史を感じることのできる場所です。
このよう素晴らしい場所に立つ別荘の改修工事を縁あって、ご依頼をいただきました。

借景も良く、改修前の事前調査で、良い古材を使っていることなどから質の良さも感じており、
建物の良さを肌で感じ、良い意味でのプレッシャーを感じていました。

さて、こちらのプロジェクトも、個人情報の事もあり、 今後サイト内では、”軽井沢・時の家”
(かるいざわ・ときのいえ)として 表現させていただきます。

何より、軽井沢の歴史を見てきたであろう、この建物は、軽井沢の歴史そのものが刻まれている
と感じますので、このようなプロジェクト名としました。

少しづつではありますが、報告させていただきますので、楽しみにご覧くださいませ。

軽井沢・時の家